行政書士試験について

行政書士試験

行政書士とは何か

わたしたちは生活している中でさまざまな手続きをしなければなりません。
日々の生活の中で簡単なものであれば自動車の車庫証明や名義変更などや難しいものであれば土地や家の登記などをする場合もあるでしょう。
そんな時に法律のことをよく知らなければ手続きをすることができません。
そういった際に親身になって助けてくれるのが行政書士です。
行政書士は行政書士法に基づき、官公庁に提出する権利義務や事実証明に関する書類の作成、提出、受理を行うことができます。

この資格は国家資格であり、他の資格とともに取得しておくと非常に便利なものです。
この資格を取得するためには国家試験に合格するか、弁護士や弁理士、税理士、公認会計士の資格を有していることが求められます。

また資格がなくても二十年以上公務員として行政事務に従事した者は資格所有者となります。
士業と呼ばれる資格の中でも比較的容易に取得することができるため他の資格を取る足がかりにすることもでき人気が高い資格となっています。
もしたくさんの資格を取りたいと思っているのであればまず行政書士を取得して、その後の仕事に生かしていくのはいかがでしょうか。
きっとこの資格も役に立つはずです。