行政書士試験について

行政書士試験

行政書士試験の概要

行政書士になりたいと思ったなら資格試験を受ける必要があります。
もちろん他の方法でなることもできますが、やはり試験を受けて合格するのが一番の早道となるでしょう。
行政書士の資格試験は国家試験であり、年に一回行われます。
たいていの場合この試験は11月に行われます。
受験資格は特になく、どんな年齢、性別、職業であっても受験することが可能です。

試験は法令などを問う問題と一般的な知識を問う問題とがあり、法令についての知識を問う問題では択一式のものと記述式のものとがあります。

択一式の試験は合計184点満点、記述式は60点満点の計244点満点となっています。
一方で一般的な知識を問う問題では五肢択一式となっており56点満点です。で
すから試験全体の合計は300点満点となります。

試験の合否は三つの基準を全て満たさなければなりません。
一つ目は法令についての問題で122点以上を獲得すること、二つ目は一般知識を問う問題で24点以上を取得していること、さらに合計で180点以上を獲得していることです。

これらを満たした場合にのみ合格とされます。

択一式の問題が多く、しかも過去の問題も数多くあるため比較的簡単に合格することができると考えられています。 ぜひ挑戦してみてください。