行政書士試験について

行政書士試験

行政書士試験に合格するための近道

行政書士試験は合格率8%程度の狭き門です。
しかし勉強の仕方しだいでは合格するのはそれほど難しくありません。
とはいえ行政書士試験で出題される範囲は憲法、行政法、民法、商法など多岐にわたります。

実際の配点を見てみると行政法92点、民法76点、憲法28点、地方自治法20点、会社法16点、基礎学法8点、商法4点となっています。
この他に一般知識科目が56点とされています。
こう考えると非常にたくさんの法律を覚えなければならないことになりますが、これらすべてを網羅するのはかなり大変です。

そこで合格への早道として配点比率の高い行政法と民法に集中することができます。
民法に関しては条文が多く覚えるのがとても大変なように感じますが、実際には過去問をきちんと理解して傾向を知ることができれば自信を持って試験に臨むことができるようになります。
一方で行政法は基本的な問題が多く出題される傾向があるのでそれほど深いところまで勉強しなくてもある程度の点数を獲得することができるでしょう。

一般知識科目も幅が広いのですが、過去問の傾向をよく見ておくと、どのような問題が出やすいのかを理解できるため比較的容易に攻略することができるかもしれません。