行政書士試験について

行政書士試験

行政書士試験の科目にはどんなものがあるか

行政書士の試験を受ける方にとってはどんな科目を勉強しなければならないかというのは気になるところではないでしょうか。

実は行政書士は他の士業と比較すれば勉強する法令等の数が少ないと言えます。
これも行政書士が比較的なりやすい士業であることの要因でもあるようです。
まず法令に関する問題の中で勉強すべき科目としてはやはり憲法が挙げられます。
どんな士業の試験であっても憲法を避けて通ることはできないでしょう。
加えて行政書士ならではの法令として行政法があります。

これは行政法の中の一般的な法理論だけではなく、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心として出題されます。

それだけではなく民法や商法なども網羅しており、多くの法律や法令を学ばなければならないでしょう。
法令についてはその試験までに施行されているものも含まれます。
更に一般的な知識に関する問題では政治経済はもちろんのこと、情報通信、個人情報保護、文章理解なども求められることになります。
このように資格試験には非常に多くの法律や知識が必要になります。
ぜひさまざまなよく勉強することによって資格試験に合格していきたいものです。