行政書士試験について

行政書士試験

専門学校に通って行政書士になるためには

行政書士になる方法としては専門学校、通信教育、独学の三つがあります。
しかしこれらの中でもっとも簡単に行政書士になれるとすればそれはやはり専門学校でしょう。
ではそれにはどんな理由があるのでしょうか。
まず専門学校は自分でカリキュラムを組む必要がありません。

授業を受けてさえいれば自然とカリキュラムをこなすことができ、合格へと近づいていくことができます。
さらに教材なども揃っているため自分で選んで教科書や参考書を購入する必要がありません。
加えて講師がいるため質問があるときにはそのような講師に聞いて答えを得ることができます。
これが独学との大きな違いです。

独学の場合には質問があってもそれに答えてくれる人がいないためなかなか勉強が進まないことがあるかもしれませんが、専門学校に通っていればそういった心配しなくても良いのです。
もちろんデメリットもあります。

例えば仕事をしている社会人の方であれば一定の時間を取り分けて学校に通うというのは難しいかもしれません。
加えて授業料が高くなるためお金をかけたくない人にとっては選択肢から外れてしまうことでしょう。
それでもいち早く資格を取りたい人にとっては最適な方法なのです。